ガンプラ、光ります! UV-LEDライトで蛍光パーツ発光

白いシャツや蛍光ペンで書いた文字、液体などが反応して光って見えるUVライト、通称「ブラックライト」。
蛍光樹脂で成形されたパーツを組み込んだガンプラも、もちろんばっちり反応します!

今回撮影に使用したのは、既に発売から6年以上が経過しているにもかかわらず「傑作」の呼び声も高い名キット「バンダイ 1/100 MG νガンダム Ver.Ka」。
内蔵されたクリアパーツが蛍光樹脂なので、今回はこれを光らせます。
あとは当店製品のUSB LEDBARブラックライト「 LEDBAR-UV 」と、撮影時の取り回しのために電源はモバイルバッテリーを用意。

ガンプラをスタンドにセットし、各部を展開して「発動状態」に。
光が乱反射しないよう内側がブラックのボックスに入れ、室内照明を点けた状態でポーズやカメラアングルを調整します。
暗い場所や被写体の場合、オートフォーカスではピントが合わない場合があるので、明るいうちにピントだけ合わせてオートフォーカスをOFFにしておきました。

アングルやピント調整が済んだら、室内照明を消してブラックライトのスイッチON!
おぉ!キレイにサイコフレームが発光しています!
今回はこちらを向いている右足内ももやふくらはぎ、左腕部などが反応しやすいよう若干下目からライトを当てました。なので目や頭部センサーは若干暗めですが、こちらも同素材製なのでしっかりと反応しています。
肉眼で見ると、写真よりも強く発光しています。

手軽な設備でお気に入りのガンプラがまるで劇中のように発光!
一味違ったホビーライフの演出に USB LEDBARブラックライト
「 LEDBAR-UV 」 を加えてみてはいかがでしょうか。

製品名:USB LEDBARライト UV
型 番:LEDBAR-UV
JAN:4520008251052

USB LEDBARライト 商品ページ(外部リンク)へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です