ガンプラ、照らします!LEDライトアップ台座、新発売

LEDライトでガンプラをライトアップ!
日本トラストテクノロジーにて現在販売中のLEDライト台座「LEDBASE-RGBR」を内部に収納し、さらに上部にバンダイ製展示ベース「アクションベースシリーズ」や「魂Stageシリーズ」を載せて展示ができる新商品「フィギュアステージ ライトアップベース」を製作しました。

事の起こりは「レストランで展示する花瓶のライトアップ用台座が欲しい」とのご要望に「LEDライト台座 LEDBASE-RGBR」の防水性がマッチしたところから、製作がスタートしました。

ご要望の中には「外からライト台座本体が見えないようにしたい」「あまり自己主張のないデザインが良い」などのご提案をいただきました。
試作が進む中、並行してなぜか「ガンプラ載っけたらカッコよく飾れるんじゃないか」と話が飛躍します。

試作第1号。
この時点ではただ「ガンプラを上に立たせて下から照らす」がコンセプトでした。
メカっぽい支柱のデザインとカット断面による光の回折のイルミネーション効果を狙ったら、思いのほか大きくなってしまい…。

光らせた結果、思ったほど光の回折は起こらないという、ただデカくて派手な台座が誕生しました。
しかも背が高くなったため、上に載せるガンプラが倒れたら危ないな…と思いました。
ここから「そうだアクションベースが載るようにすればいいんじゃないか!?」と方向性が変わります。

そして制作した試作第2号。
アクションベースの固定もまずまずで、この時点で製品の骨子はほぼ確定します。しかし…、

この時点ではまだ「裏返して使う」ことは想定されていませんでした。
底面はくりぬかれ、くりぬいた部材が中間の「張り」の部分に使用されています。

この後、ガンプラとは無縁なスタッフの

「ひっくり返してもちゃんと安定するね…、底板を平面にしたらガンプラ以外にも使えるんじゃない?」

の一言で、現在の形へと進化しました。

その後、上に載せるアクションベースの種類でバリエーション展開が可能なことから、以下の代表的な4種類が発売となりました。

AB1タイプ
アクションベース1用

製品ページ
(外部リンク)へ

AB5タイプ
アクションベース4/5用

製品ページ
(外部リンク)へ

TSA4タイプ
魂Stage Act.4用

製品ページ
(外部リンク)へ

TSA5タイプ
魂Stage Act.5用

製品ページ
(外部リンク)へ

製品版では天板を上にして置くことでフィギュアを絶たせて展示することが可能。ガンプラだけでなく、展示ベースが透明なこんなものこんなものも載せてみると楽しいかもしれません。

アクションベースや魂Stageは上に載せるだけで背面の凹凸とかみ合い、ズレずに安定して展示が可能。
また、その上にフィギュア等を載せた時に重心がズレて転んだりしないよう、均等に重量を分散するようプレートを配置しました。

内部に収納するLEDライト台座「LEDBASE-RGBR」は、リモコン操作によりマルチにカラーを変更可能。また、4種類の点滅モードにより華やかにカラーの切り替えや点滅エフェクトが楽しめます。
ON/OFF操作や色・明るさの変更、点滅モードの切り替えなどは、すべて付属のリモコンで遠隔操作可能。
わざわざ上に載せたフィギュアやアクションベースをどかして操作する必要はありません。

日本トラストテクノロジーのWEBページ(外部リンク)へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です